愛犬のペット葬儀をするメリットについての話

愛犬のペット葬儀をすると遺骨は家族と一緒、記憶に残るなどのメリットがあります。ペット葬儀をすると、お焚き上げをしてもらった後、遺骨は専用の骨壺に納めて頂くことができます。その遺骨は家族の先祖代々のお墓へ入れることも可能なので、愛犬が亡くなって寂しいという気持ちを軽減することができます。気持ちの整理がついていない場合は、骨壺を家の中で大事に保管しても大丈夫です。その時は骨壺の前に小さい祭壇のような物を設置して、お線香をあげるといいです。ただ、いつまでも悲しんでばかりいると身体によくないので、ジョギングやウォーキングなどの運動をして気を晴らしましょう。
ペット葬儀は愛犬にとっては最後のイベントなので、その時の出来事はいつまでも記憶に残ります。ペット葬儀をしてくれる場所によっては位牌を頂くことができます。家の仏壇にその位牌を置き、毎朝線香をあげれば愛犬も喜んでくれるはずです。その場合は時々でいいので、愛犬が食べていた餌を置くのも悪くないです。